スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    昆虫博士

    小学校の低学年の頃までは昆虫博士になりたかった今エロ漫画家の僕です。

    今日外を歩いてたら道端に死にかけのシロテンハナムグリがいました。

    この虫にはちょっとした思い出がありまして、それは中学生の頃
    学校の教室にこいつが飛び込んできたときのことです。

    そのとき近くにいた友人たちに僕はちょっと自慢げに′ああ、シロテンハナムグリだ’
    といったんですが、友人たちは大爆笑して′こりゃカナブンだ!
    そんな面白い名前の虫なんかいねーよ’と言うんです。
                                           ・ ・ ・ ・
    悔しくて図書館まで調べに行ったのですが、そのボロい図鑑には
    シラホシハナムグリと書いてあり僕の覚えていた名前と微妙に違います。 
    これでは友人たちに言っても お前も間違ってるじゃないか と言われると思い
    悔しいながらもそのまま黙っていたのでした。

    で、今日20年ぶりに検索をかけてみるとなんと!実は両方存在していたんです。
    しかもほとんどそっくり!
    なんであの図鑑には片方しか載っていなかったのか・・(もしくは見落としていたか)
    今更ながらあのときの悔しさが蘇ってきた暑い午後でした・・・





    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。