1. 無料アクセス解析

エロ漫画家の収入4

4日にわたりしょうもない記事に付き合っていただいた方大変ありがとうございます。
今日で終わりますのでもう少々お付き合いください。

では漫画の原稿料・コミックの売り上げ以外に収入はないのかといいますと、ある場合もあります。

一般誌ですと、例えばテレビの放映料(これは放送局によってまちまちだそうです。)キャラクター商品などがありますが、エロ漫画の場合そういうのは殆どありません。(ビデオなどになる場合もありますが、もらえるのはすずめの涙らしいです・・・)

ただ、一般誌ではめったにない事でエロ雑誌でよくあることが、再録というやつです。

ジャンプで載っていたものがサンデーに載ることは絶対ありませんが、エロ漫画ではA誌で載っていた原稿が同じ出版社のB誌に載る事もありますし、全く関係ない出版社の雑誌に載ることもあります。

まあエロ雑誌の場合読者がかぶることはめったにありませんし、原稿料は6割~2割程度(この辺は交渉)で済むので編集部も作家も両得なわけです。

他にも最近では電子書籍関係で昔の原稿が再販されたり、携帯漫画なんかは相当伸びていて、すごい人では億・・・なんてうわさも聞きます。

このようにずっと前に描いた原稿がまたお金になることもあるので、ありがたいですね。

さて、エロ漫画のことばかりではつまらないでしょうし、最後に僕が聞いた一般誌の噂を少々。

本○ひろし先生・さいとう○○お先生クラスは原稿料1枚10万円以上

週間少年○ンデーは、高橋○○子先生・あ○○充先生が原稿料を上げないので、(3万位という噂)他の作家の原稿料もそれ以上いかないよう低く抑えられている

連載貧乏と言って、新人さんが連載を初め、コミックも出ないまま打ち切りになると、設備投資やアシスタント代などで大赤字・数百万の借金を背負う場合もある(これは本当)

アシスタントさんに給料を払う時、床に金をばら撒いて拾えと言う先生もいる
また逆にアシさんが辞める時、退職金といって机に立つほどの札束をくれる先生もいる(これも実際に当事者に聞きました。)

他にも色々聞きますが、その辺はまたいずれ。

 



コメント

No title

マサト様 au様 コメントありがとうございます。

マサト様 ここまで書いておいて自分の原稿料書かないのは申し訳ないのですが、このブログは結構編集さんも見てくださってるようなので、正直ちょっと書きにくいんです。すみません。
ただこの業界では恵まれている方だとは思います。
他の出版社での仕事のことですが、ここのところ体調不良が続いたこともあって、暫くは無理せず今ある仕事を頑張ろうと思っています。
でもリクエストいただいた作品の続きもやってみたいですね(笑)

auさま こんな駄文を書き続けて嫁に‘そんなこと誰も知りたいと思ってないわよ’なんていわれちょっとへこんでましたが、このようなコメントいただいて、すこしは書いてよかったと思えました。ありがとうございます!

四日間の連続日記、お疲れ様でした。普段知ることのできない世界を垣間見ることが出来て、非常に興味深かったです。
普段、何気なく楽しんで読んでいる、あるいはお世話になっている漫画の世界にも、その向こう側に当然書いている方達がいるわけで…。そういった方々の姿が少しだけ思い浮かんだ気がします。
昨日の記事で先生は運が良かったと書いておられますが、運も含めて実力だと思います。実力だけでも運だけでもうまくいかない世界なんじゃないかなと、ど素人が生意気にも思いました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する