催眠モノ

    来月発売の雑誌で、催眠モノの漫画書くことになったんですが、結構悩んでしまいました。

    好きなジャンルなので、やりがいはあるんですけど、催眠モノは、催眠術をかけるまでの過程にある程度リアリティがないと、ただの超能力もののようにファンタジー色が強くなってしまいますし、かと言ってウンチクを長々と書いたり、催眠導入のシーンを長々と書いても興味ない人には読んでもらえません。

    結果どうしても中途半端になり、微妙な作品が出来上がってしまうわけです。

    今回はそうならないよう頑張ったつもりですが、ネームを見返すとこれで良いのか悪いのか、自分でもよくわかりません・・・

    発売前にはお知らせさせていただきますので、読んでくださった方、是非感想をお聞かせください。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。