1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PV

昔からPV(プロモーションビデオ)を見るのが好きで、中には曲以上に感動してしまうような映像作品もあったりしますが、最近たまたま凄いのを見つけました。

すっかり世間の流行りから取り残されているので、もしかしたらもう結構認知されているのかもしれませんが、元格闘家の須藤元気さんが作詞作曲までやっているというパフォーマンスユニット WORLD ORDER のPVです。

須藤元気さんといえば、試合前の派手なパフォーマンスとか、引退後のテレビ出演で、都市伝説だのスピリチュアルな話だのをされていたりと、正直ちょっと痛い人かと(失礼)と思っていましたが、正直このPVを見て評価がガラリとかわりました。

パフォーマンス自体の凄さはど素人の僕にはわかりませんが、とにかくアイデア・見せ方で心を鷲掴みされました。さすがにマイクロソフト主催の世界的ITイベントのオープニングを任されただけあります。

お時間ある方は是非見てみてくださいね。

WORLD ORDER←クリックで見れます

人妻家庭教師理央

去年の9月頃の記事で、この作品の構想中の記事を書きました。

ああ言った俺的マンガ論は、自己満足なだけな上に反感を買いやすいので、書かなきゃ良かったと今では反省してます・・・

で、その記事の中で、〈今回の作品は、今までの経験を生かし受ける要素を盛り込んだので、絶対に人気を取れる〉的な大言壮語してしまったわけですが、あれから半年以上経ち、3話目まで連載が進んだ現状をお知らせしますと、

‘予定とは大分違う’といった感じです・・・(涙)

初回は、巻頭カラーに近いあつかいの上24Pもいただいたのに、アンケートは3位。
まあ、3位ならさほど悪くないとおもうのですが、前までの2作品が大体1位とれていたので、編集長から慌てて電話掛かってきました(笑)

その後2話目が5位、3話目は少し持ち直して2位ときています。

結局調子に乗ってたんですね。本来なら1・2話は合わせて1話分程度の内容ですが、キャラをしっかり立てたかったので、分けたのがいけませんでした・・・2話目なんて、成年マーク付きの雑誌で挿入シーンなしですからね。
人気取れないわけです。

ただ、しっかりHシーンを描いた3話目は順位上がっているので、読者から見棄てられてはいなそうで安心しました。
やはり、しっかりキャラを立てて徐々にストーリーを展開して行くというやりかたは、成年マーク付きの雑誌では難しいのかもしれません。(僕に限ってのことですが)

今後の展開も、当初の予定通りいっていいものか悩んでます。まあアンケート次第といったところでしょうか。

ただ、作品自体はとても気に入っているので、今後も気合いれて作画します。

皆さんにも厳しいご意見等いただけると嬉しいです。

NHK伏魔殿

僕が最も敬愛する作家、筒井康隆大先生の作品に公共伏魔殿というのがあります。

公共放送の受信料を払う気のない主人公が、集金人を何とか追い返すものの、その後仕事で行った公共放送本社で恐ろしい内情を垣間見て驚愕し、次に来た集金人にはあっさりと金を渡す・・・といった内容の短編小説です。

僕が書くと全く面白くなさそうに思われるかもしれませんが、実際には30年以上前の作品にも関わらず、今でも全く色あせず非常に面白い作品です。

さて、突然こんなことを書き始めたのには理由がありまして、つい最近この小説を思い出す出来事があったからなんです。

事の起こりは2年ほど前、NHKの集金人が現れたのが始まりでした。

受信料は払っていたので何事かと思うと、なんとBSの視聴料を払えと言うんです。
うちには受信アンテナもなく、ケーブルも引いていないので、見えないというと、゜おたくのマンションのアンテナだと見れるんだ’というじゃありませんか。

彼の言うとおりリモコンの上部CAVというボタンを押し14.15チャンネルをを選択すると、アナログ波で非常に映りは悪いものの確かに見えました。

初めて知りましたが、映る以上仕方ありません。多少居丈高な彼の態度に腹は立ったものの払うことにしました。

ただ彼が言うには、アナログでは見えるが、地デジに完全移行後は見えなくなるので、その際はNHKに連絡して解約するようにとのことでした。

で、最近になってそのことを思い出し、NHkに電話することにしたんです。

まず、電話するとやはりなかなかつながらない。自動案内ではPCでも解約できるというので、HPをみてみたもののどこから解約フォームに行けるのかがさっぱりわからない。

こうなったらと、意地になって電話をかけ続けるとようやくつながりました。

それで、ここまでに経緯を話し、解約をお願いしたんですが、電話にでた女性の態度といったら、まあ正に慇懃無礼そのもの。挙句、‘地デジ化したら見えなくなるなんてちょっと考えられないので、ちゃんとマンションの管理会社等に確認して再度電話なりしろ’とのこと。

こちらが、別に無礼な態度をとったわけではないのにこの対応。
しかもおたくの仲間が言ったとおりに電話してるっていうのにですよ?まあ、久々に腹が立ちました。

そのまま家を飛び出、管理人さんにアンテナの確認をし、再度電話をかけるとまた同じ女が。

また1から経緯を話し直し、管理人に確認もとったことを伝えると、‘なんだ、初めからそうわかり易くいってくれたら良かったのに’といった感じで、ようやく解約の手続きをすると言ってきました。

(お前が最初からこっちを疑って碌に話聞かなかったんじゃないか!!)

正直電話を叩ききってやりたい気分でしたが、先に切られてしまい万事休す。さすが伏魔殿の対応です。

まあ、色々イチャモンを付ける輩も多いでしょうし、ああいう態度になるのもわからないじゃないですが、こちらは一応お客さんなんですから、あれはないと思います。

愛されるNHKにはほど遠い・・・そう実感したできごとでした・・・・



リーグ戦開幕

・・・と言いましてもプロ野球のことではなく、草野球の方です。

昨年は二人目の子供が生まれたりで、あまり参加できず調子もイマイチでしたが、なんとか最終戦でチーム首位打者を獲得。賞品として下写真の色紙を尊敬する漫画家であり、チーム監督でもある岡崎つぐお先生からいただきました。

これを貰うために、一年間趣味の範疇をはるかに超える真剣さで野球に取り組んでます(笑)

さて、今年もここまで忙しく、殆ど参加できてなかったのですが、これまた最も尊敬する漫画家ちばてつや先生の所属されるチーム主催の漫画家リーグが先月末から始まったので、行ってきました。

このリーグは始まって10年になるのですが、実はうちのチームだけ優勝したことがないんです・・・
去年もいいところまで行ったのですが、結局2位。

今年は新人に有力な人が多く、間違いなく過去最高のチームになっているので、必ず優勝するという強い気持ちで臨みました。

初戦はうちのエースの監督が登板。50を超えるお年ながら、110キロ以上のストレートと(草野球なら十分速いです)カーブ・スライダー・シュート・チェンジアップと七色の変化球を投げる鉄人です。

上々の立ち上がりを見せた監督が初回を抑えると、その裏ワンアウト2塁のチャンスで3番の僕。
真芯で捉えた打球は、柵超ならぬ土手超のツーランホームラン! いやー気持ちよかったです・・・

結局試合は9対0の圧勝! 今年は行けるという確信が持てた試合でした。

しかしそう甘くはなく、2試合目(毎回2試合ずつやります。)相手のピッチャーの好投と、審判のひどいストライクゾーンに苦しめられ、終盤まで0対1。
それでもなんとか6回に追いつくと、最終回の7回、ツーアウトからサヨナラ勝ち! やりました!!

僕はHRの後力んでしまってその後1安打しか打てませんでしたが、久々に熱くなりました。

この調子で必ず優勝するぞー!!

P1050004.jpg
Untitled-1.jpg




気づけばもう4月・・・

春ですねぇ。
気付いたら桜も開花してました。

もうはるか昔の話になりますが、フィギュアプレゼントならぬ生原稿プレゼントの当選者の皆様全て届きましたでしょうか?

お礼のメールくださった方、お返事できず申し訳ありません。
また、中身が足りなかった方も数名おられたようですが、どうも見当たりませんので、どこかにまぎれてしまったようです。ごめんなさい。

さて近況ですが、一週間ほど前から謎の激しい頭痛に悩まされ、唸っておりました・・・

たまに頭痛になるのですが、寝れば治る方なので、四日も続くとさすがに不安になりました。
‘明日も痛かったら病院に行こうかな’と思っていた五日目の朝、すっかり治っていたのでよかったですが、未だ原因は不明・・・締切前でなくて本当に良かった。

さて、マガジン・ウオー・狼の連載が終了し、今月号に掲載されていなくて、‘ついにクビか・・・’と思われたかたもおられるかと思いますが、(・・・まあそういう意味もあるのかもしれませんが)

実は発行元のサン出版さんで、新しい成年漫画雑誌の創刊があり、そちらで描くことになりました。
発売は6月頃になりそうですが、編集さんが面白いアイデアをくれたので、今張り切って書いてます。お楽しみに。

あ、今地震かと思ったら、隣の家でH始めました! 仕事部屋は安普請で、H始めると震度2位部屋が揺れるんです・・・
震災後は、どっちかわからず一々身構えちゃって困りますよ。
くっそー!こっちは真面目にHなこと考えてるのにー・・・(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。