1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牝犬女の躾け方 解説

コミックのあとがきに書くと書いておいてほったらかしの詳しい解説ですが、発売後子供が産まれたり、溜まった仕事を片付けてたりで中々時間が取れずすっかり遅くなってしまいました。
あれを見てここを覗いてくださった方申し訳ありません。

ただ、自分の作品の解説などというものは、自画自賛か言い訳かのどちらかになりがちで、ご多分に漏れず以下もそうなりそうですので、それでも読んでやろうという奇特な方以外は読まない方が・・・(笑)

さて、コミック 牝犬女の躾け方 をお買い上げくださった皆様、本当にありがとうございます。

僕の初の長期連載作品のコミック化ということで、なんと2冊にまたがっての刊行になりましたが、いかがでしたでしょうか・・・?
早速メールやコメント欄で感想を下さった方が何人かおられ、ありがたい限りです。

僕が思っていた以上に温かい反応が多く、正直金返せと罵詈雑言浴びせられる覚悟でしたので、ホッとしました。
なにせ5年近く前の作品で、絵も酷く、コミック化に際して行う修正作業をしていても、全部直したくなってくる出来・・・ 
更に連載当時も、1冊目辺りで大体やりきった感があったのに、もう少し面白くできるのでは・・・とズルズル続けてしまい、最後のほうはもはやストーリーがカオス状態に。
どうやって終わらせたものかと編集さんと悩みに悩んであの酷い最終回・・・。
(雑誌掲載時の最終回で、コミックのものとは違います。)
正直全話をコミックで出すのがはばかられてました。

せめてあの最終回だけは変えたいとずっと思っていて、携帯コミック化されたときに一度、さらに今回のコミック化で2度目の最終回変更、計3つの最終回がある作品になってしまいました(笑)

コミックの最終回に関しては、否定的な意見はもちろんあると思います。

では何故ああいうオチにしたかと申しますと、身も蓋もない言い方ですが、当たり障りのないオチが一番いい と、思ったからです。

と言いますのも、掲載されていた雑誌がグラビアメインの雑誌で、読者層が大体20代後半から50代位までの漫画もさほど読まないだろうオジサマが中心なので、内容的にHシーン多めの陵辱系の受けが良く、そのような連載を続けていたわけですが、雑誌掲載時はその流れのままに最終回も突拍子もない救いのないオチになってしまいました。

でもコミックになると読者層が当然違ってきます。
僕の経験上、コミックを買って下さる層はあまり突拍子のない救いのないオチは好まない傾向にあると思っていて(もちろん僕の漫画の場合はですが)よほど大団円で終われる場合を除いては、なにかモヤモヤは残ったとしてもまあある程度救いのある感じで終わったほうがウケがいいのです。

エロ漫画は、目的がアレなので、気に入ったシチュエーションやシーンがあればそれ目的で再度読み返すこともあると思いますが、オチがあまりに酷いとさすがに読み返す気がなくなったりすると思うわけです。

実際過去の僕の作品でも売れたコミック売れなかったコミックで、はっきりその傾向が出ています。

商業誌でやる以上は、最大公約数を取り込む必要がありますので、ああいうオチにしたわけです。
色々ご意見いただきましたが、そういうわけですのでご容赦ください(汗)

さて、実はまた再来月(9月17日)にエンジェル出版から、コミック‘M女コレクション’がでます。
こちらの作品はまさにその最大公約数を狙いに狙った作品になってますので、どういう意図で僕がこの作品を書いたか推理しながら読んでいただくのも一興かと思います(笑)

1年で3冊は初めてなので、売れるか心配ですが皆様よろしくお願いいたします。
















コミック【牝犬女の躾け方】 発売中

久しぶりの更新が宣伝で恐縮ですが、コミック発売になりました。

「まどか先生の桃色保健室」の完結編です。

連載当時批難が多かった最終回を加筆修正させていただきました。
皆様お買い求め何卒よろしくお願いいたします。

‘とらのあな’さんでご購入いただきますと、下の絵のイラストカードがおまけについてきます。
さらに抽選で生原稿もあたるかも・・・
(と、言ってもここを見てくださるようなコアな方は既に生原稿持っている方が多いと思いますが・・・)

虎のあな  
とらのあな ←クリックで販売サイトへ

巻末に書きました、詳しい解説はまた後日かかせていただきます。
もう少しお待ちくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。