1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビュー後、漫画家として生き残るために考えたこと2

突然長い記事を書き始め、驚いたかたもおられるかもしれませんが、まあこれにはちょっとした理由があります.

大した理由でもないので、そこはあまり気にせず、もう少しお付き合いいただければと思います。

さて、先回はどういったスタイルの漫画を描くかについてデビュー当時考えたことを書かせていただきましたが、内容に関して考えたことは、2つ有りました。

1つは陵辱系でいくこと。
当時は、ラブラブ和姦ものが主流だったので、ニッチ層を狙った事と、‘16〜20Pで簡単にHまで行ける漫画なんて描きたくないわい!BOYS BE・・・だって18Pで行けて告白までだわい!!’なんて若い頃にありがちな、尖ったことも考えておりました(笑)

後、‘男の本性としてレイプ願望は必ずあるはず。そのほうがあらゆる層に受けるはず’なんて心理学かぶれにありがちな分かったような分析もしてました。
よく考えればラブラブ和姦モノだって、男性の願望の一つではあるわけでしょうが・・・

2つめは 背徳感のある作品を描くこと。
ただ陵辱物を描いても、ほかの作家さんもたくさん描いているし特徴(ウリ)にならないと思い、背徳感のある陵辱モノを目指しました。

結果として催眠モノ・寝取られモノが多くなり、寝取られ系(NTR)なんてジャンルが確立してきた6・7年前にはそれ系の代表作家の一人的な扱いをしていただき、名前も多少売れました。(最近は全然ですが)

ただ僕自身は寝取られ作品を書いている意識は当時もなく、背徳感が強いと僕が考えるシチュエーションに偶々寝取られものが多かっただけなのですが・・・

まあこのへんの戦略も結果的には上手くいった(と思っている)ので、先回自慢げに‘多少自信がある’なんて書いてしまった裏付けになっています。







デビュー後、漫画家として生き残るために考えたこと1

僕には漫画家としての才能が、ほとんどありません。
これは謙遜でもなんでもなく事実で、それは長年僕の漫画を読んでくださっている方には自明でしょう。

奇抜なアイデアもなく、代わり映えしないマンネリなストーリーと展開・・・良く10年以上やって行けているものです。

そんな僕ですが、ただ一つ多少自信をもっていることがあります。それは自己分析の能力です。
学生時代、心理学・精神分析学の本を読み漁っていたおかげか、他人に対しての分析はともかく、自分に対しては、過大評価することなく、比較的冷静に鑑みることが出来ていると自負しています(漫画家にとってはあまりいい事ではありませんが・・・)

これをどう漫画にいかしているかというと、漫画の内容そのものではなく、才能のない僕がどういう漫画を描いたら漫画家として生き残っていけるかというようなことを考える事(簡単にいえば自分自身を上手くプロデュースしていくこと)にいかしています。

10数年前のデビュー当時も、漫画家としてやっていくにはどうしたらいいか色々考えました。以前にも書きましたが、

1、8頭身位のキャラを描く事 
(当時はロリ漫画全盛期で、意外と頭身の高い絵がが少なかったので狙い目だと思ったのと、某事件をきっかけにロリコン漫画への風当たりが強く、いずれロリモノは描けなくなる可能性があると思ったからです。これは最近になって現実味を帯びてきてますね。)

2、流行を追わずに、見やすい、普遍的な絵を目指す事 
(流行りの絵を追いかけても、どうせ直ぐ次の流行がきますし、不器用な僕が流れに乗り続ける事は無理だと思い、自分の絵の上達のみを目指すことにしました。デビュー当時から古い絵だと言われ、今も大して進歩してませんが、まあ比較的嫌われにくい絵のようです。)

3、コマ割りを見やすくする
(今もそうですが、当時はとにかく派手なコマ割りが流行っていて、正直僕は読みにくいと思っていたので、読みやすいよう非常にオーソドックスなコマ割ばかりにしました。これなら普段漫画を読まないような人でも読みやすいので、初見でも読んでもらえる率が高く、非常にいい判断だったと自負しています。結果論ですが、携帯コミックにするときもコマが切り取りやすいと編集して下さる方に好評です(笑)

4、ストーリーを凝らない
才能が無いので凄い話は思いつきません。そこで一昔前の人気エロ劇画を参考にすることにしました。
と言ってもストーリーをパクるのではなく、そのスタイルです。
僕が参考にした数人の作家さんの漫画は、失礼ながらあまりストーリーがなく、オチもない。でもエロい!!
どこにそのエロさの秘密があるかと言えば、ほぼ決まって導入部分のシチュエーションがいいのです。

別に凝った設定は必要なく、多少マンネリ・ありがちでも読者に‘このシチュエーションでHがしたい’
と思わせられればエロ漫画は勝ちです。後はそれに合ったキャラクターと、簡単なオチさえ付けられれば・・・

とまあ大体この4つを基本に置いて始めました。
どれも当たり前のことのようですが、実際にはほとんど誰もやっていないので僕は生き残れているわけです。
(自信をもって漫画家をやろうと云う人間はこんなこと考えないので当然ですが・・・)

もちろんデビュー当初は、長い導入部分を直されてばかりで、僕の考えるシチュエーションは中々描かせてもらえませんでした。人気も取れず悶々としていたところをコミック幻羅に拾ってもらい、‘人気さえ取れば何も言わない’という編集長の方針のおかげで、思い切って長めの導入(シチュエーション部分)を描け、お陰様で人気も取れました。

もちろん大抵の漫画さんもここに関しては同じように考えていて、‘俺だって長い導入部を書ければ、もっと人気出るんだ’ という声をよく聞きますが、そこは正に運と上手い立ち回りが必要なところです。

長くなるので2に続きます。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。